2008年09月23日

『ヨイトマケの唄』に なだそうそう

私がよく訪問する動画サイト YouTube が、マイナー・リニューアルとでも言うのか、使い勝手がコロコロ変わって戸惑いがちなんですが、その中でもトップページに行ったりすると表示される【あなたへのおすすめ】というのはいいですね。今まで聴いたこともないものが紹介されていて新たな音楽との出会いが増えそうです。

昨夜は Eric Clapton という名前しか聞いたことのないミュージシャンのものを聴いたみたら結構趣味が合いそうです。そして、今朝はそのおすすめを見ていたらいつの間にか「ヨイトマケの唄」が出てきて、すっかりそれにはまってしまいました。

この唄は【美輪明宏】さんが1965年に発表して大ヒットした曲だそうで、私も子どもの頃よく耳にした覚えがあるんですが、何しろ子どもだったので「泥臭くてカッコ悪い歌」という印象しかありませんでした。

が、1年くらい前だったか、テレビで【槇原敬之】さんが歌うのを見て感動したことがあったんですが、きょうは本当にさまざまな方が歌っているのを聴いて、それを聴くたびに涙をボロボロこぼしていました。【桑田佳祐】さんとか【泉谷しげる】さんとかも歌っているので、検索して是非聴いてみてくださいませ。

歌がつくられた背景については↓これを見るとよくわかります。




体の小さな母親が家族を養うために男に混じって肉体労働をする姿を、小学生の時に目撃した息子の気持ちや、家族のために命を削って死んでいった母への思いが切々と歌い上げられています。

最近、家族を殺したというニュースを頻繁に見聞きしますけれど、誰もが心の底で望んでいるであろう、この歌のような家族になるにはどうしたらいいんでしょうね。親が懸命に働く姿を見るというのは大事なことなんでしょうけれど、そういう機会ってなかなか作るのが難しいそうです。

私は結婚して夫の給料を全部あずかるようになって、だんだんそれが当たり前になり感謝も薄れ、お金の使い方で夫に注文をつけるようになり、ふと立ち止まっては、働いてお金を得ることの大変さを思い出して反省し、おバカなので時間がたつとまた忘れを繰り返しています(^_^;)。

まずは自分が、ストレスの掛かる職場で我慢しながら働いている夫に、もっと感謝を表さねばと、きょうもちょっと反省・・・でも実行はムズカシ〜。

(1年半も放置していたこのブログ。今でもいくらかのアクセスがありますね。申し訳ないので、9/23に書いた文章ですが、きょう10/2に公開させていただきました。なんだかブログの仕様も変わり、書き込み方法を忘れがちですが…)
posted by 野バラ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記